ラブドール(だっちわいふ)と一緒に暮らす人が増えている(3)【終了】


ラブドール(だっちわいふ)と一緒に暮らす人が増えている(3)【終了】

実は多くの人がシリコンの「人間」を選んでおり、情欲よりも孤独感の方が恐れられています。

ある記者は11人のだっちわいふと暮らしている親子にインタビューを行った。

 

だっちわいふ

 

インタビューで父は「女の子と一緒にいると、毎日あやして、あやしていけないと、別の人のところに行ってしまう」と言っていました。

「いたずらをしないように」と、早くも息子のためにラブドールを買った。

親子がちだっちわいふを連れて游んだり、写真を撮ったりしている様子がネットに投稿され、多くのファンの注目を集めています。

 

 ラブドール

 

彼らにとって、だっちわいふは生理的なニーズだけを解決するためではなく、同様に感情的な需要を讬しました。

家に届けられた日が彼女の誕生日で、親子は毎年彼女の誕生日を祝っています。

父にとっては、「車の助手席に乗って、ラブドールを連れて出かける。長距離で車を運転する時は、退屈しない」と話しました。

息子にとっては、「私とだっちわいふの関系は性的なものではなく、彼女は私の姉妹のようなものだ。

家では、私は父とあまり話をしない。

私たちが言うと、他の人は私たちがサイコパスだと思うかもしれない、だが私たちは本当にラブドールに感情を讬した。」

 

 ダッチワイフ

 

それ以外に、この親子にとって、エロダッチワイフは経済的に大きな可能性を秘めている産業です。彼らは毎年、上海アダルトグッズショーに参加し、展示会でだっちわいふのアクセサリーを販売し、収入もき低くないです。彼の推定によると、中国の現在のだっちわいふの所有者は少なくとも100万人近いです。

 

 リアルドール

 

高度に発達した現代において、生理的な欲求、経済的な欲求、あるいは感情的な欲求から、だっちわいふと一緒に暮らすことを選択する人が増えているのだろうか。

この答えに期待しています。

https://koidoll.com/blog/love-doll-5.html

Enter with Facebook Login